わす

イラストレーター【わす】
raytrektab 8インチモデルを試す!

わす

わす

今回の作品について

ー 今回、制作いただいた作品についてテーマと簡単な説明をお願いします。

テーマは天使です。レイトレックの使い心地を感じるために紙人形の機構の中で一番ベーシックな機構と、次に応用ができる機構が付いた作品を制作しました。
なぜ天使を描いたかというと、その時天使を描くことにはまっていたからです...

ー とくにこだわって作成したポイントはどこですか?

こだわったポイントは紙人形の設計です。いかに少ない動きで魅力的に見せる動き方にするか、裏側の機構が表から見えないようにするか工夫しました。

わす 画像01

レイトレックタブについて

ー イラストの制作においてどの工程でどのようにraytrektab8インチモデルを使用しましたか?

イラスト、設計すべてをraytrektab8インチモデルで制作させて頂きました。

ー 実際にraytrektab8インチモデルを使用してみて使用感はいかがでしたか?

まず手に持った時にデザインがシンプルで好感を持ちました。
重量もほどよく無駄なボタンが少なくて、金属部分のシルバーと樹脂部のホワイト、画面のブラックがバランスよく配置されていて飽きの来ないデザインだと思いました。表にある硬いボタンは何ろう?と思ったらログインするための指紋認証センサーで驚きました。すごい...!

本体側面を覆っている樹脂部が少し裏面に入りこんでおり、机に置く際に裏面が傷つきにくくなっていて助かります。裏面はざらつきのあるシルバーでさわり心地がよくすりすり無限に触っていられます。
画面は固めでペーパーライクのフィルムが標準で張られており、硬い机に下敷きを置きその上に紙を敷いて描いているような描き心地でした。画面がマットな質感なので外部からの光の反射が少なく、どんなシーンでも使えると感じました。

ペンは鉛筆の様に細く軽く先端はゴムではなく硬い樹脂なので本物の鉛筆を使っているようでした。
ついペン回ししたくなってしまいますね...

容量も128GBで、さらにMicroSDのスロットが付いているのであまり不便はないと感じました。

続いて実際に使用してみてですが、今回はPaintTool SAI2を使用して作品を制作しました。特に不具合もなく筆圧もちゃんと感知してくれました。実際にイラストを描くと、とくにストレスは感じることはなく問題なく使用できました。
raytrektabで私が普段行っている作業が大体出来ると思います。
ですが、PCの性能がイラストを描く事に特化しているのでイラスト以外の作業を平行に行ったり、印刷用に画像を編集する作業は少し苦手みたいです。なのでイラストはraytrektabで、負荷のかかる作業は違うパソコンでという使い方がいいと感じました。

デザインもよくて軽くて小さくて、ちゃんとイラストも描けるパソコンとてもいいですね。どこかに出かけたときにカバンからサッと取り出して暇な時間にイラストを描いたりアイデアをスケッチしたりするのもいいです。購入特典でクリップスタジオが付いてくるのが太っ腹すぎます。返却してしまうのが惜しいくらいです。(ドスパラさん!くださいっ!)

ー raytrektab8インチはどのような方におススメですか?

・気軽にイラストを始めたい方
・場所を問わずイラストを描きたい方
・サブ機として小さいタブレットを持ちたい方

これから絵を描いていきたいと思っている方へ

わす 画像02

raytrektab8インチモデルで作業中のお写真

好きな絵を好きなだけ描いていきましょー!そうすればいつの間にか上手になってきますよっ。

ー わすさん、ありがとうございました。

raytrek 8インチモデル RT08WT
今回使用したモデルはこちら

raytrektab 8インチモデル (RT08WT)

Windows 10 Pro / インテル Celeron N4000
8GBメモリ / 128GB SSD / インテル UHD600

29,990円(税込)